経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2012年08月04日

【成熟期の経営戦略】成熟期には成功事例のコピーでは通用しない!

大手企業が苦戦する理由もここにあります。一つの成功事例が見つかればそれを水平展開。お客様に飽きられるまで徹底的に売上と利益を取って行きます。

成長期であればそれで良いと思いますが、成熟期になり競合状況も激しくなると、今までの戦略に何かプラスアルファする必要があるのかもしれません。

よく言われるのが、店舗ごとにカスタマイズすること。各店舗ごとの特徴を何か出して行かないと勝てない。チェーン店であっても自店の特徴を活かす戦略が大事になっています。

また、「同じことはするな!」という社長もおられます。

この言葉の意味は2つあります。一つは、過去と同じことしないという意味。もう一つは複数店舗があっても全く同じ店にはしないということ。商圏や立地環境に応じて店を作って行きなさいという意味です。

昔は、一つの成功事例が見つかるとすぐにコピーでした。それが一番利益の出る方法だったからです。

ところがそれだけでは生き残っていけなくなっています。コピーをしない生き方、戦略。店ごとにオリジナル性をどうやって出して行くか?

コピーがやはり一番簡単です。店ごとにオリジナル性を出すというのは非常に難しいことです。

そうすると店長の意識も変えないといけません。90%までは会社の指示通りに店を作れば良いですが、後の10%は自由裁量です。店長が自主的に動いたり、考えたりして店を作らないといけません。

飲食チェーン店などでも各店のオリジナルメニューを許可しているところがあります。でもそれが人や店を育てることにつながっていると思います。自分で何かを考えてお客様に提案しないと飽きられてしまうからです。

会社としてはリスクはありますが、成長ということを考えるとこの方が良いと思います。飲食店に限らず、どの業種・業界でも店ごとにオリジナル性が大事になっています。

なるべく大きな変化がないように・・・
変わったことを勝手にしないように・・・
という教育をしていると、いつか店は古くなって行きます。

同じことをしない店づくりが大切になって来ているような気がします。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン


武内コンサルティングおすすめ経営本のショッピング
ラベル:成熟期
posted by ノムリエ at 05:39| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする