経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2012年07月05日

【評価制度の作成依頼事例より】評価制度作成が先か、業績アップが先か?

評価制度のお問い合わせはやはり多いです。社長だけでなく、総務・人事の担当の方からの相談もよくあります。

能力や職歴に応じた給与体系を作り直したいとお考えのようです。公平で基準が明確なものにするとモチベーションも高まり、会社や良くなると信じておられます。

ところが、私の立場からすると、以下のようなことが気になります。
1.まず総額の人件費はどのくらいあるのか?
2.新給与体系を導入して、人件費が増えても大丈夫か?
3.評価を行った結果、降格・降級の人が出ても大丈夫か?
4.従業員が、評価制度の導入、給与の改定に対する過度の期待を持っていないか?
5.単に給与や手当の整備だけなのか、評価制度を導入し毎年、適正な査定を行うのか?
6.賞与は支給されているのか?どのような支給方法になっているのか?

実際、評価制度を導入したり、給与体系を変えることはそんなに難しいことではないです。じっくり1年くらいかけて行えば大丈夫でしょう。

ところがもっと心配なことがあります。業績のことです。
1.今の業績はどうでしょうか?
2.今良くても来年、再来年、将来はどうでしょうか?

業績が好調な時に給与体系を変えたりするのは容易ですが、逆に調子が悪い時にはおすすめではないです。また業績が不安定な会社もおすすめではないです。

給与体系などの見直しなどで人件費がアップする分、まず業績を上げることが大事になってきます。

その次は、業績が少々上がったからと言って、すぐに給与を上げることはできません。上げてしまうと固定費として発生するため、経営が厳しくなる可能性があります。そうすると、目先の業績が上がった場合は、給与改定という固定費の発生ではなく、一時金や手当などで支給されておいた方が良いかもしれません。

評価制度の導入や給与体系の見直しの依頼があった場合は、業績アップを必ず同時に図ります。社員の方々にも業績が上がらないと、給与は上がらないということを理解していただくためにも必要なことだと考えています。

できれば、どんな状況であれ、業績を上げることが第一だと思います。利益を出さないことには、給与は払えません。

希望だけでは難しいです。
現実的には、売上や利益が欲しいです。

評価制度や給与体系は、作ろうと思えばいつでも作れます。作るタイミングを間違わないようにされてはと思います。


株式会社武内コンサルティングはこのような御社のお悩みを解決します。

まずは無料ダウンロード資料
1日1ページで完全マスター 
業績を上げるための評価制度の考え方と導入方法(2012年度版)
を御覧戴き、弊社で行っているコンサルティングの一端を体感くださいませ。
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓
11ページで完全マスター 
業績を上げるための評価制度の考え方と導入方法(2012年度版)



メールでのお申し込みの場合、
下記のフォームにご記入の上、ご返信くださいませ。
 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
問い合わせフォームはこちらから

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン


武内コンサルティングおすすめ経営本のショッピング
posted by ノムリエ at 05:35| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする