経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2012年06月26日

【売上低迷を打破するマーケティング戦略】非効率なものが商圏を広げる

売上が下がって来るとどうしても売れているものだけを扱おうとします。売れていないものは順次カットです。そうすると、店は魅力のないものになります。どこにでもある売れ筋だけを扱っているお店。これでは現状を打破できないと思います。

また、最近大きな問題が発生しています。それは商圏が小さくなっているということです。最近は便利になりいろんな店が出て来たために、この商圏がどんどん小さくなっています。さらに売れ筋中心の品揃えを行うためますます小さくなっています。

これでは売上を落としてしまいます。客数も減って行くでしょう。リスクはあっても非効率なものを扱うことです。非効率なものを扱い、わざわざ来店してもらう仕掛けを作ることが大事です。

しかし、最初から売れないとわかっているものをあえて扱う方は少ないでしょう。どういうふうに考えれば良いのか迷うところです。

一番簡単なのは社長やオーナーが好きなものをおくことです。趣味の延長でも良いです。1年間扱って売れなかったら、自分のポケットマネーで買い取れば済むことです。

同様に、店の中の遊びの部分が欲しいです。過去のデータや問屋からの情報だけで商売をしていると売れ筋しか売場に陳列されていないことになります。

だから、伸びている店は、店長に非効率な商品の仕入を許可されています。ただし、そのような仕入金額は上限が決められています。逆に、非効率な商品の仕入ができないと一人前ではないと言われます。

売れなくても店を賑わせる。他の商品を引き立たせる。
たまに売れるかもしれないので扱ってみる。
理由は何でも良いです。いつもの商品がいつも通り置いてあるだけでは、お客様はつまらないです。

それと、お金が貯まれば買ってみたい。給料が入ったら買ってみようと思わせるような憧れの商品も必要です。

私が店舗調査する際も売れ筋があるかどうか?どこに陳列されているのか?いくらで売っているのか?
だけでなく、この非効率な商品をどのくらい扱っているのかを調査します。

実は、それが店の魅力につながり、商圏を大きくします。
商圏を広げたいと思えば、この非効率な商品の扱いを検討して下さい。

ロスを怖がっていては商売になりません。
そのロスが見せ筋となってお客様を遠くから呼び込みます。

すべて完璧に売り切れるということは商売ではほとんどないことです。
非効率に上手にチャレンジした方が成功を収めておられるような気がします。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:非効率
posted by ノムリエ at 13:22| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする