経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2012年06月22日

【起業開業の時流変化の予感】居酒屋ブームはもう終わった!

店づくり支援センター「商い繁盛館」様での
「21世紀の立地選びと商圏の考え方〜ちょっと気になる時代に合った新しい発想のヒント〜」の講演、無事終了いたしました。

雨の中、たくさんの方にお越しいただき誠にありがとうございました。申込数
83名で若干数名の方が当日都合が悪く参加できなかったみたいです。

セミナーの前後にお話しを伺っていると、どうも起業開業の流れが大きく変わっているようです。

昔は、起業開業というと居酒屋の開業でした。店を持ちたいという夢と言えば、居酒屋でした。

ところが最近、居酒屋は苦戦されています。景気も悪く、外で飲む方が減っています。また開業するには修業が必要で、さらに初期投資が大きいです。

何らかの特徴のある店が出せれば良いですが、普通の店だと厳しいです。競合状況も激しく、なかなか想定通りの数字に行かないことも多いです。

そこで最近出て来たのがカフェだそうです。初期投資も少なく、厨房機器なども大掛かりなものが必要なく、参入障壁が低いです。

しかし、カフェの場合、店は出しやすくてもその後が心配です。大手のカフェ専門チェーン店でも1日当たりの売上は高くないです。平均10数万円、20万円を超えるのは土日くらいでしょう。それを個人店に当てはめてみると、平日数万円あるかどうかです。

ドリンクで差別化を行うのか、フードメニューで差別化を行うのか、または立地で差別化を行うのか、何か一工夫必要です。徐々にお客様を増やして行くということが大事です。

それでも大きな数字は期待できないと思います。分岐点をどの当たりでお考えのなのか、数字をしっかり出されることが大切だと思います。

大手飲食企業がカフェ業態に手を出さないのは、売上が他の業態に比べて低く、投資回収が難しいからだと思います。大手がやりたがらないことは、個人の方にはチャンスかもしれません。

あんなに人気だった居酒屋の開業希望が減っている。逆に、飲食業界ではあまり手を出さなかったカフェが人気。時代の変化を感じます。

その時代ごとに開業希望の店は変化して行くような気がします。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
posted by ノムリエ at 05:32| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする