経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2012年06月04日

【企業視察ツアーから思うこと】感動はするが何も変わらない?

事例から何かを学ぶ時代ではなく、自分で何かを生み出す時代へ。
事例はヒントになるかもしれませんが、それがすべてではないです。好事例を
知ることができてもそこからが大切です。

感動はするが何も変わらない、変えることができないというのが一番危険。学んだつもりになっているだけ。情報得たつもりになっているだけ。

情報量が少なく成長期の業種業界が多い時には何でも学ぶということが大事ですが、成熟期に入り市場が縮小している時には、学ぶだけではなく行動に移さないといけません。

企業視察は刺激になります。伸びておられる企業を訪問しますので、学ぶことが多いです。ところが、その学んだことから自社にどう活かすか、現地でそれがイメージできていないと良くないです。

感動して帰って来るということがよくあります。
しばらく経つと、また刺激が欲しくなりバスに乗り込む。

良い刺激を受けることが目的で回っておられるなら良いですが、それ以上のことを期待して参加されているなら心配です。

自社にどう取り入れて良いかわからない場合は、講師の先生や一緒に参加されている方、訪問先の方などに質問・相談されるのが良いと思います。

自分の頭の中だけでなはなく、考えていること、思っていることを誰かにぶつけて確認してみることが大事だと思います。

バスの中で質問攻め。講師の先生が困ってしまうくらいがちょうど良いのではと思います。

経営はよく感動屋さんにならないことと言われます。
感動しやすいが変えるのが苦手では、成果が出ません。

良い企業視察ツアーにするためにも、最初からどこをどう変えるのかイメージして参加されてはどうでしょうか?

変わること、それが一番今大事なことです。
企業視察ツアーは、変わるための良いきっかけにされて下さい。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
posted by ノムリエ at 06:05| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする