経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2012年05月26日

【売上低迷の第一要因】お店を知られているという思い込みを捨てる

もう何十年もこの場所で店を開けているのだから、ほとんどの方は知っているだろう。チラシも何度も入れているので、知らない人はいないのでは・・・

そう思い込んでいるところに落とし穴があります。もし、地元の方全員に知られていて売上が低迷しているなら、その方がもっと問題です。店や商品を見直さないといけません。

ところが実際は、「こんなところに店があったんだ!」とお客様が入られて来ます。

地元に長年住んでいても知らなかったというお客様が結構多いです。それに同じ道でも朝晩では、見える風景が違います。なかなか気付かないものです。

商売は知ってもらうことが一番大事です。知ってもらわないと売上につながりません。

売上が低迷して来た時、商品を見直す前に多くの方に自店のことを知っていただく仕掛けを考えることが大切です。

捨て看板や野立て看板はありますか?
店頭に三角看板や案内看板はありますか?
いつもとは違う時間帯にチラシを配ったりしていますか?
昼間、法人営業を行っていますか?
今までとは違う媒体に広告を出したことがありますか?

何でも良いです。知ってもらうという活動を怠らないこと。
また、一つの商圏内で1年で5〜10%くらいは人の移動があるそうです。そうすると、新しく入って来られた方に対しては毎年、何か販促を打たないと知ってもらえないということになります。

店の中でじっとしていてもお客様は増えないでしょう。
店を知ってもらうための活動が、目には見えなくても少しずつ効果が出てきます。

知ってもらえているはずだという考えをまず捨てること。
まだまだ知ってもらえていないというふうに考えを改め、動くこと。

売上低迷の根本原因は、店や商品にあるのではなく、知ってもらえていないということが多いです。

知ってもらうためにはどうすれば良いか、そこから見直されてはいかがでしょうか?

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:
posted by ノムリエ at 13:37| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする