経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2012年05月23日

【経営判断が遅れるとピンチを招く】商店街がダメになったから自店も売上が下がった?

自宅兼店舗であっても、本社機能があったとしても移ることは可能なはず。なぜいつまでも商店街のど真ん中で商売をする必要があるのでしょうか?

移転できずに結局最悪のケースになったところを何件も見てきています。

昔は、商店街は最高の立地。どうしたら商店街の中に入ることができるかという相談があったくらいです。

ところが好立地は郊外へ移り、商店街はシャッター通りになっているところがあります。最後まで残っておられるところが逆に大苦戦されています。

オーナーの方は、商店街がダメになったから自店も売上が下がったとよくおっしゃいます。自店の売上ダウンは本当に商店街のせいでしょうか?

おそらく移るチャンスはいくらでもあったのでは・・・

事業を伸ばしておられるところほど、一番先に飛びだされています。世の中の流れを把握し、最善の方法を取られます。

じっと我慢して世の中の流れが元に戻ることを期待していても厳しいと思います。

人通りが少なくなった商店街に人を呼び戻すのはたいへんです。物凄いパワーが必要です。それに自店だけの努力では無理です。いろんな方を撒き込み、行政挙げて取り組まないといけないくらいの大事業になります。

それでも昔の売上に戻すのはかなり厳しいと思います。自店にとっての最善策は何か?どうやって生き残って行くのか?それを考えて動くことが大事だと思います。

経営判断が遅れるとたいへんなことになることがあります。将来を見据えて早め、早めの対応が良いのではないでしょうか?

過去の良かった時を思い出しても何も出てきません。
これからどうするのか真剣に考え、答えを出すことが大事なような気がします。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:商店街
posted by ノムリエ at 11:24| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする