経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2012年05月19日

【経営者の判断と葛藤】どういう止め方をするか、次の事業をどうするか

どうやって今の事業を止めるかというのは、会社を興したり、店を作るよりも難しいことです。

しかし、現実問題、いつか直面することです。今の事業が未来永劫、安定して生き残って行けるという保証はどこにもないです。それに昔と違い、老舗企業ほど大苦戦です。

見掛け上、売上高が大きくても返済などで火の車の場合もあります。今の経営者の方の本当の悩みは売上低迷ではなく、未来が見えて来ないことです。

特に、今の事業を止めた場合どうなるのか?それを考えるとゾッとするという方もおられます。

上手く止めることができれば良いですが、いろんな問題を解決しないといけません。一番の問題は、残債をどうするのか?綺麗に整理清算できるということは稀です。おそらく、債務が残ると思います。さて、それをどうするか?

また、後継者の方もおられないために、何とか売却したいという方もおられると思います。ただし、売りたいと希望を出したからと言ってすぐに売れるものではないです。例えば箱物事業の場合、不動産鑑定士の先生に評価してもらわないといけません。いくらの評価なのか、まずはそこからになります。

箱物事業でない場合も概ねどれくらいの企業価値なのか計らないといけません。ただし店舗などの場合、高い評価つきません。むしろ購入された方が、追加工事などが必要になるくらいです。

それともっと問題なのは、今の従業員の方の雇用問題です。引き受けてくれそうな同業者の方がおられるかどうか?

また、退職金を支払うだけの余裕はあるでしょうか?これも引っかかって来ます。長年勤めていただいた方ほど、かなりの額になります。全社員の方が退職した場合、いったいいくらになるのか試算されていた方が良いです。

もうここまで考えると頭が痛くなると思います。

それともう一つのパターンは、今の事業を清算して、全く新しい事業にチャレンジしてみたいという方です。前向きな考えで良いと思いますが、新しい事業はどうされるのでしょうか?

もう決まっているなら良いですが、これから探す段階だとたいへんです。そんなに旨い商売があるはずがないです。よく研究して選ばないといけません。

ではどうすれば良いのか?
自分の頭の中で考えずに、プロの専門家の意見を聞きながら早めに手を打つことです。どうすることもできなくなってから、専門家の力を借りるのでは遅いですし、最悪に近い結果になる可能性が高いです。

これからのことをどうするのか?
膝詰めで本音で話し合い、プランづくりをされることをおすすめします。

私たちコンサルタントの仕事も店を作る、事業を興す仕事よりも上手な整理清算の仕方の案件が増えそうな予感がしています。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:整理清算 事業
posted by ノムリエ at 05:35| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする