経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2012年04月28日

【繁盛居酒屋の法則】刺身のおかわり

一口食べた瞬間。
「今日のえぇなぁ。あと二人前お願いします。」
というオーダーが入ると繁盛店。

刺身が強いとか、自信があるというお店はたくさんあると思います。実際にそれが店の売りになっているかどうかを判断する材料は、おかわりだと思います。

刺身をおかわりするというのはなかなかないことです。それも他のメニューを食べずに刺身を一口食べただけで追加オーダー。お客様の口がすべてです。よくご存知です。店のスタッフが説明しなくても今日のネタのレベルはどのくらいか瞬時に判断されます。

毎日が真剣勝負。こちらから説明しなくても追加オーダーしたくなる刺身。
「あと何人前いけますか?」とお客様から聞かれる。

後から待ち合わせておられた仲間の方にも
「今日のはえぇでぇ。頼んだ方がえぇよ。」
と勝手におすすめ接客。

このような状況になると、お客様の来店時間が早くなります。早く行かないと鮮度抜群の刺身が食べれない。
「あの店は絶対に18時前に入らないと刺身が売り切れる。」という評判が立ちます。

刺身だけでなく、自慢のメニューが追加オーダーしてくれるかどうかそれが大事だと思います。

私も覆面調査の際には、このことをチェックさせていただいています。追加オーダーをいただけるメニューがあるかどうか、それが繁盛店のポイントです。

意識しておすすめしたのではなく、すべてお客様の評価とクチコミ。そうすると店の方もお客様に負けたくないと思われ、さらに良いものを出そうとされます。それが好循環になり、お客様を呼びます。

おかわりや追加オーダーをいただけるかどうか、それで店の繁盛度はわかるような気がします。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:居酒屋 刺身
posted by ノムリエ at 12:53| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする