経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2012年03月28日

【当たるビアガーデン企画の変化】ビアガーデンの目的は何ですか?

売上?集客?店舗を知っていただく?次につなげる?利益が出るからやる?
何が目的でしょうか?

周りがやっているからやる?
やればそこそこお客様は来るだろうと思っていると徐々に客数は減って行きます。それに、アルコール離れが進んでいます。居酒屋も苦戦されています。さて、そのような状況下で、ビアガーデンの方針・方向性は出ていますでしょうか?

ビアガーデンも開催するだけでなく時流変化への対応が必要です。
例えば・・・
1.飲む量は減っている?(ドリンクの品揃え強化が必須)
2.料理が美味しくないとダメ(名物料理が必要!)
3.楽しい企画がないとダメ(曜日別、客層別など飽きない仕掛けづくり)
4.店内イベントも必要(毎日、何かやっている)
5.外でなく室内でもOK!(クーラーの効いた室内席を設ける)
6.サプライズが必要(これが差別化につながります)

対策は2つあります。
1.ビール好きの方に何度もご利用いただく
2.ビール好きでない方にも来店を促し客層を広げる

両方上手くアプローチできれば良いですが、まずは自店の方向性を定めた方が良いと思います。

開催すればある程度数字は稼げるだろうという時代ではないです。綿密に戦略を組むことです。開催期間後、天候が悪かったという言い訳はできません。何か今までとは違うところを見せることです。

そのための企画会議が絶対に必要です。昨年と同じではダメ。
目的や方針を明確にし、なぜビアガーデンをやるのかを決めないといけません。
従業員も納得の行く方針を出し、その上で目標数字を最大化する企画が大事です。

それといつも思うのですが、営業が弱いです。チラシや広告に頼っていては良くないです。自分の足で稼ぐことです。特にトップ営業が大事です。トップが動かなければ数字は上がりません。社員に対する意識も違ってきます。

その次は、内容が決まれば動きを早くすること。仕掛けが大事です。
1.告知を早く行う
2.販促物を早く用意する
3.外回りの営業を強化する

もう昔のように担当者にノルマを与えれば必ずその数字はやってくれるだろうでは甘いです。お客様も嫌々お付き合いさせられるのは嫌です。

いつから始まるのか、どんな企画があるのかをお客様から聞かれるくらいが理想です。

企画の内容で、成否が決まります。一つ一つ昨年の内容を見直し、どこにも負けないような企画に仕上げて下さい。通常営業よりも気合いを入れて企画を組まないと後で後悔すると思います。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:ビアガーデン
posted by ノムリエ at 11:34| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする