経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2012年03月21日

【企業の将来と採用の関係】採用を抑制すると10年後、技術の伝承が途絶える?

業績が悪くなると採用を止められます。人件費は固定費として重く圧し掛かってくるためどうしてもそうなる傾向が強いです。

しかし、その時は良くても5年後、10年後に影響が出てきます。ちょうど中間の働き盛り、伸び盛りの人材がいないという現象が起きてしまいます。

ピンチになると何とか今を乗り切ることで精一杯。将来のことなど考える余裕がありません。

でも苦戦されている企業、低迷されている企業ほど30代、40代の方が少ないです。古手の方しかいないとか、ベテランと最近採用された若手の方しかいないということがよくあります。

そうなると、若手を育成し稼いでくれるようになるにはまだ数年かかります。仕事を覚えたとしても実務経験が少ないと稼げるまでには時間がかかると思います。採用を止めていたツケが回ってきている感じです。

伸び盛りの方がどんどん仕事を取って来る、新しい仕事にチャレンジしている職場が理想です。

だから採用を止める場合は、今だけでなく将来のことも考えるべきです。特に3年以上採用を止めると会社の勢いまで止まります。また大事な技術の伝承まで
止まり会社としては大きな痛手となります。

採用を止めると言っても大量採用を止められ、数人でも毎年採用した方が良いかもしれません。

それと一度採用を止め、再び採用をしようと思った場合、教育係がいないということも起こってきます。若手との距離があり過ぎて、孤立してしまう恐れもあります。

止めると一から組み立て直さないといけなくなり、以前のようにスムーズに行かないこともあるようです。

若手が技術を伝承して行くというのが一番です。業績が低迷していてもしっかりと技術の伝承ができていれば必ずチャンスは来ると思います。

企業の業績は、商品やサービスだけでなく、この技術の伝承が目に見えない資産としてどこまで蓄えられているかにかかっているように思います。

そのためにも採用を毎年出来る会社にすることが大切なような気がします。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:採用 技術の伝承
posted by ノムリエ at 05:59| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする