経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2012年03月14日

【企業再生の難しさ】売上が20%上がっても返済余力がない

積極的な事業拡大による借入金が資金繰りを逼迫というところが多いようです。少しでも軌道に乗れば拡大成長路線を進みます。そのまま右肩上がりで伸びれば良いですが、想定した通りにならなかった場合、借入金が重く圧し掛かって来ます。

例えば、売上が20%上がっても返済余力がないというようなところもしばしばあります。再生とは業績アップだけでなく、返済計画の見直しも大切です。それがないまま売上だけを追いかけても無理があります。

業績を回復させないといけないのはわかりますが、まず返済をどうするかです。

よく金利を少し低くしてくれれば助かるのになぁという方がおられますが、そうでしょうか?

窮状に陥っている時は金利の問題ではなく、金融機関などへの年間の返済の総額がいくらなのかが大事です。それを詰めないと、いくら利益が出ても厳しくなるだけです。

それに今の状態から売上を20%伸ばしたとしても返済が追いつかないとなると、気持ちがへこんでしまいます。従業員の方がそれを知った場合のことを考えるとますます暗くなります。

できれば返済や金融機関の話などは従業員の方にはされずに、売上や利益を上げることに専念してもらうことです。その間に社長が盾となって、金融機関等への交渉をすべきです。

再生は、まずそこからのような気がします。一人で悩んでいても出口は見つからないと思います。苦手でしたら、プロの専門家の方に頼まれるという方法もあります。

年間の返済金額を抑える、少なくすることが鍵です。その間に事業の再生を行い、黒字化を図るのが理想です。それもドラスティックな改革を行いスリムにすることです。同時に、次の事業の柱を見つかればさらに良いです。

再生させるためには、業績を回復させるだけでなく返済を極力少なくすることです。

返済計画の再生が鍵を握っているような気がします。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:企業再生 返済
posted by ノムリエ at 05:53| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする