経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2012年02月19日

【求めているのは職人としての技術ではなくリーダーとして素養】腕は良いが洗いものをしない、雑用を一切しない?

腕は間違いなく良いのですが・・・

洗いものはしない。雑用はしない。ミーティングにも参加しない。
どうすれば良いですかと相談があります。

元々、有名ホテルなどで仕事をされていたため、かなりプライドがあるようです。この仕事は自分の仕事ではないと思っておられるようです。

ところが環境が変われば、そうはいきません。その職場のルール、環境に合わさないといけないです。

でも一流の料理人やシェフにそのようなことは言えず、そのままになっています。雇用される時も腕に惚れて採用したため、今さら注意できないようです。

調理場には俺たちの目に見えないルールがあるんだからわかって欲しいとでもいうのでしょうか?

やはり採用時に釘を刺しておくべきです。今までの大手ホテルとは違うので、一から頑張ってくれますかと確認した方が良いと思います。

良い商品さえ出してくれば後は好きなようにやって欲しいと言われたというようなことが起こってきます。

良い商品を作るだけでなく、若手を育成したり、職場環境を作って欲しいです。自分の手元の商品だけに満足されては困ります。

腕が良いというのは、技術的なものだけでなく、リーダーとして人をまとめ、理想の組織を作るという意味も含んでいると思います。

本当に腕が良い方は、自己研鑽されます。自分が学んだことを他の人に伝えたり、より良い職場を作ろうとされます。

もう今の時代、技術だけを持った職人さんは高評価されません。
組織の中で力を発揮できないと厳しいでしょう。

会社や店も採用時にはっきりと伝えた方が良いと思います。これくらいはやってくれるだろうではなく、細部に渡ってやって欲しいことを言うべきです。

お互いが腹を割って話をせずに雇用すると後々たいへんな問題になります。
腕の良い方がどのような仕事をするかは、採用時の社長の一言にかかっているように思います。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
posted by ノムリエ at 13:34| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする