経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2012年02月08日

【名経営者から学ぶ雇用の大原則】不正を働いたものと社内で女性問題を起こしたものはクビ!

必ず同じ問題がまた起こるかららしいです。
だから一度問題を起こせば厳しい処分をするようにされているそうです。

常日頃からこのことはきつく従業員に通達されています。ひょっとすると経営理念以上に大事な方針になっているかもしれません。

こういう問題が起きるようになると組織はガタガタになります。部下は誰を信じて良いのかわからなくなります。締まりのない組織になり、不安感のある状態で仕事をすることになります。

それとこの手の問題は、一度起きると繰り返す傾向があります。だから問題が起きないように手を打たないといけません。

何か起こった時に厳しい処分をしないと、同じことがまた起きます。会社や社長の姿勢を厳しくしない限り、再発する可能性は高いです。

また就業規則なども見直しをされて懲罰規定なども細かく設定されることをおすすめします。多いところでは懲罰規定だけで100項目を超えているところもあります。

でも一番大事なのは社長の口癖だと思います。こういう社員はうちにはいらないと言えるかどうかです。中小企業では、小さな問題から業績悪化を招きます。直接業務に関係のない社内問題であっても業績に大きく影響しやすいです。

この話は、ある一人の社長から聞いたのではなく何人もの社長から聞いた話なので本当なのでしょう。

会社の業績を維持・発展させるためには商品・サービスの磨き込みも大事ですが、それ以上に社内問題が起きない組織をどうやって作るかが大事なようです。

おそらく社長からすると、業績が下がることよりもこのような問題が起きることの方がつらくて悲しいのだと思います。

優秀な会社とは業績が好調なだけではなく、問題が起きない会社のような気がします。

経営では、売上や利益以上に大切なものがあるようです。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:不正 問題
posted by ノムリエ at 05:48| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする