経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2012年02月07日

【企業活性化の一案】当たり前のようにやってきたことを何か一つ止めてみる

何でも良いと思います。当たり前のようにやってきたことを何か一つ止めてみるという発想があっても良いのではないでしょうか?

利益が出ていなかったり、集客力や反響率が徐々に落ちているものを一度見直されませんでしょうか?

特に難しいのは、赤字ではないが徐々に反響率が下がっているものです。赤字ではないので当たり前のように続ける。ところがそれが一番危険です。いつかガクッと来る時があります。そうならないためにも全面的に見直す作業が必要です。

企画物はどうしても前年や前回の数字を見て判断してしまいます。前回そこそこの数字だったらOK!赤字でなければOK!今までやってきたものならOK!というふうになっていると良いものは出来上がりません。

もう過去の成功体験が通用しなくなっている時代です。前回当たったからといって今回当たるという保証はどこにもないです。毎回、新鮮な目で企画する必要があります。

新しいものを作り上げるのはたいへんですが、それを怠ると必ず後からツケが回って来ます。

再生、活性化支援させていただく場合も止めるものを決めていただいています。そうしないとやることばかり増えて現場はパニックとなります。かえって負荷がかかり上手く行きません。

社内活性化を行うためには、この止めるということが実は大切です。勇気のいることですが、これをしない限り新しいものに着手できません。

当たり前のように続けているものないですか?
見直しされたことはありますか?

誰かが先頭を切って言い出さないと難しいかもしれません。でもそれをしないと活性化しません。

当たり前が一番怖いです。
社内で当たり前という言葉は死後にすること。
活性化には社内業務の全面リニューアルが必要な気がします。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:当たり前
posted by ノムリエ at 05:35| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする