経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2012年02月05日

【食品マーケティングの時代変化】品揃え一番はカタログ通販?

我が家に毎月送られて来る食品のカタログ通販のパンフレットがあります。購入する以上に見ていて楽しいです。いろんな商品が掲載されています。レアなものから総菜まで載っていますので非常に便利です。

そこでふと思ったことは、このカタログはおそらく日本一クラスの品揃えではないかということです。

今、食品スーパーへ行くと売れ筋商品が中心で、冒険するところは少ないです。極力、リスクや在庫をかかえないように工夫されています。いつも商品がいつものように並んでいるだけです。

野菜などはハウス栽培が普及しているため、年中売場は同じです。あまり季節感を感じなくなりました。産地の変わった商品を食べたいと思っても手に入れることはできません。そのようなお客様はネットやカタログにどんどん流れているような気がします。

魚も同じです。外国産、冷凍、養殖が主流を占め、天然ものというのをあまり見かけません。それと養殖技術もかなり上がっているため、表示がないと見分けが付かない状態です。

しかし、どんなに悪天候が続いて市場がストップしても売場を作ることはできますので、店としては良いのかもしれません。

でもこのままで良いのか不安になります。この状態が続くと季節感がなく、毎日食卓に上がるものしか売場に陳列されなくなって行きます。

逆にカタログ通販の方は、昔はモノクロで品数が少なかったのですが、徐々に品数が増えカラー刷りです。画像も綺麗でつい購入したくなります。

また、惣菜と言えば食品スーパーやデパ地下をイメージしますが、実はカタログ通販では、この総菜に力を入れられています。有名店の味を総菜に詰め込んだ一品が大人気です。

そうすると食品スーパーとカタログ通販との使い分けが行われるような気がし
ます。お客様はデイリー商品とこだわりの一品の使い分けをされているようです。

百貨店や食品スーパーへ行けば何でもあるという神話が崩れて来ているように思います。

本や雑誌だけでなく、食品も実店舗ではなくネットやカタログが品揃え一番になっています。

カタログというと一見古いマーケティングのように見えますが、上手に顧客を獲得しているような気がします。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
posted by ノムリエ at 06:10| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする