経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2012年02月04日

【飲食店のリピーターづくりのコツ】さりげない一言でお客様を感動させる

「おいしいの作ってきます」という一言。
若い女性スタッフからいきなりこの言葉を聞くと、ドキッとします。どんなメニューが出て来るのか気になります。

でもこの一言が店を変えるような気がします。お客様に気にしていただけるということは繁盛店に一歩近づいている証だと思います。

大事なのは、気持ちのこもった仕事をしていると思っていただけること。言葉は何でも良いと思います。お客様と接している中で、ちょっとした声かけをするだけで変わって来ます。

大手チェーン店があれだけ掛け声を大事にしているということは、何らかの実証があるからだと思います。

店としても若い人たちの教育をするためには一つの共通ルールがあった方がやりやすいです。店に活気を持たせ、感じの良い店にするためには、何か統一した声かけルールを作られてはいかがでしょうか?

あまり大きな声でやるのは恥ずかしい。居酒屋のような感じがして嫌だと思われず、できる範囲で何か考えてみられてはいかがでしょうか?

商品でリピーターになることはよくありますが、ちょっとした雰囲気や感じが良いのでリピーターになるということもあります。

メニュー研究だけでなく、この声かけの研究も大事かもしれません。おしつけでなく、やらされている感もなく、自然と出て来る一言がお客様の心を打ちます。

ミーティングなどでスタッフの方々と話し合い、自店に合った声かけを決められることをおすすめします。皆が理解し納得した上で、声を掛けると成果は違ってきます。

たまに何であんな言葉がスーッと出てくるのだろうかと思う店があります。次はどんな言葉でお客様を感動させるのだろうかと興味が湧いて来ます。

教育とは、教えたことができるようになることだけでなく、自然とお客様を感動させるようなことができるようになることだと思います。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
posted by ノムリエ at 13:31| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする