経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2012年01月26日

【当たる企画、魅力に欠ける企画の法則】原価計算された企画は当たらない!

お客様に喜ばれ、集客効果があり利益が取れるように書いている企画書。
完璧のようですが、当たりますでしょうか?

企画は練れば練るほど当たるというものではないです。お客様にメリットがあり、会社も利益を出そうとするとインパクトに欠けます。いろんなものを追いかけるとそれだけ当たりが悪くなります。

特に原価計算を緻密に行っている企画に魅力は感じられません。常識をはるかに超えるような企画がやはり欲しいです。

どうもまとまっている企画が多いような気がします。
えっ!ここまでするのぉ?というような企画でないとお客様は振り向いてくれません。

いろんな企画が溢れています。それに過去に経験も積んでおられます。もうプロ級のプロの目で判断されています。そのような方を引きつけるのに原価計算されたものでは満足されないでしょう。

企画を挙げて下さいという時も枠にはまったものではなく、ビックリするような企画を挙げることも必要です。

例えば、個人店ならオーナーのポケットマネーで仕入するくらいの気合いが欲しいです。自分の目にかなったのであれば、少々予算をオーバーしても仕入れてみる。

会社なら利益は追求せずに集客だけを考えた企画を考える。とにかく人を集める、お客様に来てもらうことだけを考える。

目的が複数ある企画はもう当たらないような気がします。当たる企画にするためには、目的を一つにすることです。そのことに徹底的に絞り込むことです。

赤字の企画の場合はどうですかという声が聞こえてきそうですが、目的が明確ならOKだと思います。

中途半端にほんの少しだけ利益が出ている企画の方が危険です。赤字を出さないように工夫するだけだと、何のためにその企画を行ったのかわからなくなります。

赤字を出さないことに神経を尖らせていると良いものはできません。景気が悪い時こそ、視点を変えるべきです。

思い切って利益を考えずに自由に作ってみられませんか?
お客様が喜ぶことだけを考えた企画、あっても良いような気がします。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:企画 原価計算
posted by ノムリエ at 12:01| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする