経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2012年01月04日

【危機感のない会社から業績はダウンする】なぜ社員は危機感がないのか?

世の中が厳しいこと、会社が厳しいことをどうやって理解させて欲しいという依頼が結構多いです。社長が厳しさを語ってもあまりピンとこないようです。

厳しくても社長がいつもニコニコしているからわからない?
社長は厳しくても顔に出したりできません。厳しくてもグッと我慢です。愚痴を言いたくなることもあると思いますが、言えません。

それと厳しい状況であっても仕事内容や仕事の仕方に変化がないと大丈夫なんではと思ってしまうようです。でもどこかで危機感を持っていただかないと、たいへんなことになるような気がします。

勉強会や研修会では業界動向や他社動向、世の中の厳しい現実をストレートに話させていただいています。それで気付いていただければ良いですが、なかなか難しい感じです。

社内改革を具体的に進めないと変わらないように思います。
小さな行動一つでも変えて行く必要があります。掛け声だけで終わっていると何も変わりません。アクションプランのようなものが必要です。

例えば、目標とする経営数値を明確に出すことです。この数値を達成できないと会社は本当に危ないんだ!潰れるかもしれない!ということを知っていただくことです。危機感を煽るのは良くないかもしれませんが、知らない方がもっと良くないです。

また業績が今以上に悪化した場合、ボーナス削減、あるいはカット。給与カットも有り得ることを話されても良いのではと思います。そこまで話をすると退職者が出るのではと危惧されますが、それくらいの話で動揺していては前に進めません。

危機的な状況を招いた原因は、現状の厳しさを伝えてこなかったからです。厳しいことは社長の胸の中にしまっておこうという暖かい気持ちが逆効果になっています。

楽しいことも厳しいことも社員の方々と共有できているところが成長されています。良いことばかりではないです。悪い時もあります。どうやって乗り切って行くかが課題です。

会社は今こんなにたいへんなんだ少しでも協力しないといけないと思う人が何人出て来るか?

何か私たちにできることはないですか?という一言。
社員の方が自主的に集まって、自分たちのできる対策を考えている。
それが理想のあり方です。

自分の給料は自分で守らないといけないという気持ちが出て来ると、会社は変わって来ます。

会社や社長に対する甘えをなくすためには、社長が厳しい姿勢で接することが大事なような気がします。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:危機感
posted by ノムリエ at 05:19| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする