経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2011年12月29日

【マーケティング戦略の変化の予感】品揃えとはオンリーワンの商品を持つこと

品揃え強化が差別化につながらない?
品揃えを強化したのに売上が上がらない?
理由は、ただ単に扱い商品を増やしただけでは本当の意味での品揃えになっていないからだと思います。

競合他店よりも多くの商品を扱い、差別化を図ろうとします。それが集客につながり、売上アップに結び付くという神話のようなものがありました。ところがいくら品揃えを強化しても売上が上がらない時があります。逆にロスが発生し、利益率が悪くなったり、非効率になります。

商品の仕入れはどこでも行えます。店舗スペースさえあれば他店と同じ品揃えは可能です。またネットを通じて購入することも可能となり、店舗で扱い商品数を増やすだけは差別化になっていない現状があります。

品揃え強化とは、他社が品揃えできないことを指すことかもしれません。同じように品揃えをすることができるのであれば、いつか追いつかれます。他店が努力しても追い付かないようなものを扱うことこそが差別化になるような気がします。

そうすると最終的にはオンリーワンの商品ということになります。他店が真似できない商品です。それと、商品のそのものだけでなく、価格も品揃えの要素に入ります。他店が真似できないような価格を出すことも差別化につながり、オンリーワンの品揃えになります。

扱い商品数が多いだけでは勝てない。
オンリーワンの商品をどれだけ持っているか?
他店が真似できないような価格を出してるかどうか?
それが物が溢れている時代のマーケティング戦略のような気がします。

扱い商品数を安易に増やして行くだけでは、非効率になるだけです。他店が真似できない商品をどれだけ増やすことができるかが鍵です。

もう売場面積や扱い商品数だけで店舗力を図ることができなくなっています。
お客様に支持される商品がどれだけあるのか、オンリーワンづくりをしない限り必ず他店に追いつかれます。

品揃えに関する考え方を変えないと、危険な感じがします。
昔覚えた、習ったことを鵜呑みにせず、時代に合った考えたかに変化させることが大切かもしれません。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
posted by ノムリエ at 14:08| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする