経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2011年12月26日

【流通業における一番効率的な商売】安さに徹することは難しいでしょうか?

不景気には安さの戦略が一番なのは明らか。安さに徹した戦略を組むことも大事なような気がします

安くするためには いろんなことをやらない、しない。
安くしようと思えば他社がやっていること、業界常識のことを止めること。
簡単なようですがなかなかできないようです。

競合他社との競争に勝つために様々な手法が取られてきました。店づくりから品揃え、サービスの強化などありとあらゆることが行われ、消費者にとってはかなり便利になっています。

ところが店側は、いろんなことをやり過ぎて利益が出なくなっています。集客アップにつながるだろうと思って始めた施策が逆に重荷になっている場合すらあります。現場からも利用率が少ないとか、売ることに徹したいといった意見も出ています。

見栄で何かを続けるというのは良くないです。一旦始めたサービスなどを止めるとお客様が逃げるのではないか、良くない評判が立つのではと危惧されます。
でも続ける意味があるのかどうか、判断する時期に来ているように思います。

他社・他店がやっているから自社・自店もやらなければならないということはないです。

もう一度、安く売ることに徹底化することは難しいでしょうか?
そのためには、できるだけ店頭で現金をいただくことです。それと極力店にお客様に来ていただくこと。店に来れば楽しいことがある。お得なことがある。というイメージを付けることです。

複雑化・多様化すればするほどシンプルな商売が見直されます。カード決済や
各種サービス、配達なども便利なように見えますが、それが売上や利益につながっているかどうか心配です。

中途半端に継続しているものは、できるだけ止めて、安く売ることを考える。
安さに勝る戦略はないと思います。

どうすれば安くすることができるか、今以上に知恵を絞って戦略を立てる必要があるような気がします。そのためには、今やっているものを何か止めないと厳しいと思います。止めても良いと思うようなものが出てくれば、さらに安くすることができるのではないでしょうか?

安くない店に魅力を感じない。
これが消費者の本音だと思います。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:安さ 流通業
posted by ノムリエ at 12:01| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする