経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2011年12月16日

【年始のあり方で会社の1年が決まる】年始一番に何をされますか?

方針発表?
12月までの数字の確認?
そのあとはシャンシャンシャンで乾杯?

それだけでは、厳しいのではと思います。
私なら、朝礼が終わった後、初出勤の日は会議をします。
前年度の進捗状況の確認と今年度の数字・方向性を見直します。正月明けの弛んだ気持ちでは絶対に厳しいです。仲間と正月の話もしたいと思いますが、グッと我慢。こんな厳しい時には皆で知恵を出し合い、切り抜けることが大事です。

できれば幹部の方には年末に宿題を出すことです。ゆっくりと正月を満喫したいところですが、幹部であるならば常に会社のことを考えるくらいの姿勢が必要です。

例えば、
1.商品・サービスの見直し
2.新商品・新サービスの検討
3.粗利アップ策(=原価の見直し)
4.経費削減策
5.組織の見直し
6.その他改善計画

このようなものをレポートにして提出というのはどうでしょうか?
できれば元旦に社長の手元に届いているのが理想です。その後は、ゆっくり休まれて下さい。

社長も年賀状よりもこのレポートの方がうれしいはず。初出勤の日にいきなり提出されても目を通すことができません。あらかじめチェック・確認したいです。

凄い会社は、一般社員の方の出勤日の1日前に幹部の方が出社し、会議をされます。先ほどのレポートについて吟味し会社の方向性を出されます。

社長や幹部の方が一般社員の方と同じ日に初出勤では心配です。中小企業では柔軟な対応ができるはずです。

休みは休みが取れる状態の時に取ること。その意識がないと、会社を守ることはできません。

今から年末・年始の計画を組まれていた方が良いような気がします。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:年始 会議
posted by ノムリエ at 05:46| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする