経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2011年11月25日

【繁盛飲食店づくりのコツ】なぜ街中の小さな飲食店が生き残っているのでしょうか?

どんなに大手企業が進出してきても何とか生き残っています。逆に息を吹き返したように元気な場合もあります。

よく繁盛するためのメニューありますか?と相談があります。

そのコツは?
原価は考えない。
ボリュームと安さ。
近くの店に比べて量が多いこと。

今時、量が多いのは嫌われるのでは?と思われるかもしれませんが、それが最大の武器になるかもしれません。

繁盛されている小さな飲食店のオーナーにお聞きすると、創業当時は業界の常識を知らなかった。だからできたのかも・・・とおっしゃいます。

飲食業に携わっている方が見たらおかしいと思うかもしれないことが平然と行われています。おそらく業界経験者の方が一から立ち上げた場合、そのようなことはないでしょう。

しかし、少しでもお客様に喜んでもらおうと必死だったのだと思います。業界のことを知れば知るほど、当たり前で常識の範囲内に収まった店になります。ところがそのよう店になると魅力がなくなって行きます。

またあるオーナーは、お客様が残すくらいがちょうど良い。それでなかったら繁盛店にならないともおっしゃっておられました。

業界常識にすべてを合わせていると、店の特徴がなくなって行きます。学べば学ぶほど平均値に近づく?

喜ぶのは競合関係の大手飲食店です。平均値競争になれば小さな飲食店は勝てません。

健康志向とか、女性客を増やしたいから量の多いのは嫌われるという考え方もあるかもしれませんが、実際今残っている小さな飲食店はボリューム感いっぱいです。

あの店に行けばお腹いっぱいになるということが一番の販促になります。

時流に反するような量の多い店。
でもオーナーの一途な思いがあれば、お客様の心に伝わると思います。
私もボリューム感いっぱいの店に一票入れたいです。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:繁盛飲食店
posted by ノムリエ at 12:04| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする