経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2011年11月18日

【企業間競争の時代変化】これから怖いのは商品競争ではなく返済額競争

売上の大小でも資本の大小でもなく、規模の大小でもないような気がします。
一番気になっていますのは、借入金の大小です。返済金額が大きいところほど経営は厳しくなるのではと見ています。

過去の過大投資のツケが回って来ると思います。売上が順調でも返済が厳しければ、再投資できません。今何もできないのは、返済が重く再投資できないからです。

そういう状況におかれている企業が多いような気がします。商品やサービスにおける競争から体力勝負へ時代が変化しています。

過去の投資や返済を消すことはできません。上手くマネジメントするしかないです。

商品やサービスを磨き込み、どうやって競争に勝つかを考えることが大事でしたが、これからはそれだけでなく経営そのものを見直さないといけないような気がします。
 
でも返済の大小は外からは見えません。上場していない限り、公開されませんのでわからないです。

どんなに調子が良さそうに見えてもきつい会社もあると思います。もう一度、経営分析や返済計画、投資計画を見直すことが大切です。

売上が減っても会社は潰れません。
返済できなくなった時がアウトです。

返済金額は他社比較できません。金融機関や専門家などに参考数値を聞くしかないです。それでも計画作りを行うことが大事です。

理想は、計画作成にあたり、第三者の方に入っていただくか、チェックしてもらうことです。

自分が返せる計画書、自分の都合で書かれた計画書では良くないからです。そのやり方では、おそらくどこかで壁にぶち当たり、再度作成が必要になります。

これからどうやって返済して行くのか、それが一番大きな競争課題になりそうな気がします。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:競争 返済
posted by ノムリエ at 06:23| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする