経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2011年10月23日

【成熟期後のマーケティング戦略】マーケットが伸び続けることはない、必ず成熟する

成熟しないマーケットはない。
成熟を迎えた時からが本当の競争が始まる。

その競争とはマーケットを制圧しようという競争ではなく、どうあるべきなのかという指針を示す競争のような気がします。指針が見えないところは当然衰退して行くでしょう。

右肩上がりで成長し続けたマーケットであってもいつか頭打ちが来ます。そうすると同じパイの中でのシェアの奪い合いになります。マーケットは横ばいか、あるいは徐々に落ちて行きます。

そうすると、資本力のあるところか、しっかりとした指針を持っているところしか残らなくなります。

この指針を成長期の間に見つけないといけません。あるいは創業当時の思いを指針に変える必要があります。

指針とは、業界に対する貢献やお客様に対する役立ちといったことのように思います。それが企業の使命であり、役割であるように思います。

指針がなかったり、見失った企業は衰退すると言われます。何のために事業を行っているのか、どんな会社なのかということが問われます。それが第三者の方に客観的に評価されます。

マーケットが成長期の時には、市場を制圧することを第一に考え、市場が成熟することはあまり考えません。一番になれば、成熟期を迎えても大丈夫だろうというような感じです。

しかし、成熟期は必ず来ます。早いか遅いかの違いだけです。経営という側面で考えるならば、必ず成熟期が来るということを想定しておかないといけません。

皆、成熟期を迎えて苦戦し出します。でもそこからが本当の競争です。また、どのように経営を行って行くのか腕の見せ所です。

成熟期を迎えると大手企業しか残らなかったということにならないように、小さくても生き残って行ける指針と商品、仕組みを作るべきです。

成熟期はいつか必ず来ます。
そのこと念頭に置いて、経営を考える必要があると思います。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
posted by ノムリエ at 06:41| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする