経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2011年10月16日

【現実的な企業評価】下がり幅が小さい企業かも?

伸びている企業や店はないですかと聞かれても正直なところ即答できません。それくらい世の中の状況は厳しいです。

世の中の平均、業界平均と比べて下がり幅が小さければ評価されても良いと思います。いろんな施策を打ち、潰れないように皆さん努力されています。それでも数字を維持するので精一杯。数字を伸ばすなんてことは難しいのではと思っておられる方も多いと思います。

その通りです。今のような状況下で数字を伸ばすのはかなり難しいです。伸ばされている方もおられるかもしれませんが、ほんの一部でしょう。現実的には、周りの企業と比べて下がり幅が小さければ大健闘です。

昨対の数字を絶対にクリアしないといけないという時代ではないと思います。良い時もあれば悪い時もあります。それをどうやって乗り切るかです。

無理して昨対をクリアしようと思うと、どこかで歪が出てきます。数字は達成したが、社内がガタガタした。今後が心配になってきたということがないように注意した方が良いです。

悪い時ほど、発破をかけて何とか数字をクリアしようという時代ではないかもしれません。時代の流れや状況を的確に受け入れて、対応策を考える時代ではと思います。

周りよりも落ちないように・・・
そのことを念頭に置いて経営することも大事です。無理や無茶をして作った数字は後から必ずツケが回って来ます

昨対で見ると下回っているからと言って悲観しないこと。経営者の方は特に昨対を気にされます。昨対を落としていると、悪いと判断されます。しかし、昔のように昨対をクリアし、伸ばし続けるということは難しくなっています。現実的な評価はどうなのか、それを把握することも大事ではと思います。

だから経営数値は、昨対で見ないこと。世の中の状況と業界平均の数値と比較してどうなのかを見ることが大切です。

昨対よりも下がっていても勇気を出して下さい。悪い中でもどの程度なのか、その踏ん張りが次へとつながるような気がします。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:企業評価
posted by ノムリエ at 14:03| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする