経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2011年10月09日

【中小企業における人事考課と給与について】社長評価がどこまで反映されていますでしょうか?

適正で公平な評価をしたいということで人事考課や評価制度の導入・作成の依頼がありますが、一般的なものを作ることで会社は良くなるのか疑問に思うことがしばしばあります。

ルールや仕組みが出来上がってしまうと社長評価はストレートに加味できなくなります。社長評価の項目があったとしても実質それが給与に跳ね返って来ることはないです。あくまでも社長評価は評価の一部分に過ぎません。

良く頑張っている。頑張って成長してくれた。これからも期待している。というようなあいまいで数値に表すことができないものは人事考課には含まれません。

中小企業における給与というのは、明確なルールがなく、業界平均や実際に払える金額を支給しているというところが多いです。それを是正し、勤続年数や能力に応じて綺麗に整理されたいということだと思いますが、ルールを作ってしまうとそれを逸脱するものは認められなくなります。

社長の目から見てどういう給与が妥当なのかという視点がもっとあっても良いのではと思います。それが中小企業の良さでもあるように思います。ルールに縛られると、そのルールの中でしか評価できなくなります。

いろんな角度から見て、この人はもう少し上げたいと社長が思ってもルールがある場合できません。しかし、そのような評価を何とか入れたいです。

良い意味で社長評価加わっている評価の方が適正なような気もします。社長が社員全員を把握できる状況の場合は、社長評価に重点を置くか、社長評価が給与にストレートに反映する仕組みがあっても良いような気がします。

しっかりとしたルールや仕組みを作ることは大事ですが、最終責任者である社長が見てどうなのか、それがどの程度反映されているのか気になるところです。

会社と言っても社長が保証をして、担保入れて成り立っているのが普通です。そのことを深く理解している社員の方はどれくらいおられるでしょうか?

「会社=社長」という図式になっているのが中小企業です。それにあらゆることに精通され、ご存知なのが社長です。

社長の評価を上手に加味した給与にすることが将来的に良いかもしれません。社長のウエイトを低くし、適正な評価を行いたいとお考えなら、甘えは禁物です。自分たちの力で数字を稼ぎ、誰が社長になっても良いくらいの安定した会社にならないといけません。

そのレベルに達していないのなら、社長の評価に重点を置かれた方が良いような気がします。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
posted by ノムリエ at 14:57| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする