経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2011年10月08日

【流行りと時流の見極め】流行っているというのは東京の話ですか?

いろんな業態の店が次から次へと出てきます。業界関係者の方でなく、お客様がよくご存知である場合もあります。マスコミに取り上げられているため情報が流れるのが早いです。

でもその情報のほとんどが東京かあるいは東京近辺の話です。自店に取り入れて良いものかどうか迷われるようです。あるいは、そんなに世の中が進んでるのかと思ってしまわれるようです。

相談があった場合も現状把握をしっかりと行い、焦らないようにアドバイスさせていただいています。

マスコミで人気だからと言っても正直、東京の話が多いです。それも3年・5年人気が継続しているなら良いですが、たまたま当たっているということもあります。東京での商売は本当に難しいです。人気を得てもそれを継続することが難しいからです。

今当たっているものを追いかけるのか、繁盛し続けているもののコツを学ぶのかの違いだと思います。

今流行っているものは今後廃れる可能性があります。だから、学んだり知るというスタンスで見ておけば良いのではと思います。

逆に東京で10年以上支持されている店や商品があるならば、それは即導入すべきです。10年も支持されるということは、何らかの理由があるはずです。その秘密やコツを研究し自店に活かすということは大切だと思います。

流行っているというものをどう見るか、どう活かすかも経営では大事なことです。ただし、流行っているからといって安易に何でもやってみようとされると良い結果が生まれないこともあります。注意された方が良いと思います。

あるオーナーさんは、「東京の話だけは、話半分。眉つばくらいに考えています。それを真似しようとすると必ず火傷しますから・・・」とおっしゃっておられました。

ある意味当たっているかもしれません。東京発信の情報は最新かもしれませんが、その情報が自店も活性化策に活かせるかどうかは別だと考えた方が良いかもしれません。

自分なりに見極める力も大切なような気がします。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
ラベル:流行り 時流 東京
posted by ノムリエ at 13:39| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする