経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2011年10月06日

【中小企業が生き残って行く経営法】流行りのものには絶対に手を出さない

ネットの普及率がアップしてもネットで集客を図らない。これも一つの考えです。流行っているからやらなければならないということはないです。それに皆がやっているということは、後発参入です。かなりの努力か他社を圧倒するようなノウハウがないと成果を出すのは難しいです。

だから伸びている中小企業経営者の方は、「流行りものには絶対に手を出しません。そう決めています。」とおっしゃいます。

他社・他店が上手く行っていると聞くと、ついやりたくなります。しかし、それをぐっとこらえて手を出さないという考え方もあります。

流行りものに手を出してもなかなか成果は出ません。自分が得意な分野ならまだ良いですが、今まで興味がなかったこと、やったことがないことをやるのはたいへんです。

流行りのものに一旦手を出すと、次から次へと新しいものを取り入れないといけなくなります。そうするとどれもが中途半端に終わります。やりかけのものがいっぱいあると言う状態は企業品質を劣化させます。

テレビや業界誌などで騒がれているものをすぐに導入する方法もありますが、じっくりと考えて判断すると言う方法もあります。実際、流行りのものを導入して上手く行っているところはどれくらいあるのでしょうか?

流行りのものは期待感が大きいです。起死回生の策になるのではという強い思いがありますが、成功したり軌道に乗っているところは少ないのではと思います。導入するだけではダメで、自社でさらにブラッシュアップさせてより良いものを作ろうとしない限り難しいと思います。

模倣から自社独自のものを創造することへ進化発展させない限り大きな成果は出ないのではと思います。

注意すべきことは、誇張された表現に心を動かされないこと。流行りのものほど成功事例だけでなく失敗事例も研究すること。

古いやり方だけでは生き残っていけないというようなことはないです。流行りものへの対応、要注意かもしれません。

経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
posted by ノムリエ at 05:19| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする