経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2011年08月17日

【飲食業の隠れた努力と仕事の違い】高い意識を持つことの大切さ

時間をかければ良いというものではないです。どこまで理解できているのか心配になる時があります。

例えば、営業前に必死に清掃をされます。おそらく1時間くらい。営業後も様々な処理と共に清掃をきっちりとされます。綺麗でピカピカですが、清掃だけで1日2時間もかけていて良いのでしょうか?

店の方針として清掃だけはどの店にも負けないようにやろうというのであれば良いですが、徐々に清掃時間が増えているのであれば少し問題です。

同様に、包丁を研ぐことや仕込みや準備の時間はどうでしょうか?大事な仕事であることは間違いないですが、どれくらい時間がかかっているのか把握する必要があると思います。

どれも必要なことのため時間がかかるのは当たり前だと思っていると、店はコスト高になります。それに誰もサボっている訳ではなく、真面目に必死に頑張っているからこそ難しい問題かもしれません。

何でも時間で管理するというのは良くないかもしれませんが、時間がかかり過ぎていないかどうかチェックしたり見直すことも必要だと思います。

それと意識の部分も大切です。店の中で作業をしていることはすべて仕事だと思っていると良くないです。営業が終わって1時間以内で片付けが出来て、スタッフ全員が帰れる状態が理想です。その後の時間は、自分の自己研鑽の時間です。

タイムカードに現れない隠れた努力の部分というのが必ずあります。そのことが腕を磨くことにつながります。このことを削減すると個人も店もレベルアップしなくなります。だから自己研鑽の時間も大事です。

隠れた努力と仕事の違いを理解することが大切ではと思います。仕事はあくまでも時間で管理し効率的に動くことが大事です。隠れた努力とは、仕事ではなく自分を磨くためです。

高い意識を持って仕事ができているかどうか、それが数字に表れない大事な部分のような気がします。


経営に関する相談はこちらからどうぞ
  ↓↓↓↓↓↓↓↓
経営相談メール送信シート



そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン


ラベル:努力 仕事
posted by ノムリエ at 12:41| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする