経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2011年08月04日

【店舗活性化策】朝1時間早く店を開けると売上は変わるのでしょうか?

売上が低迷しているので何かしないといけない。これといった決め手となる策もないため、とりあえず朝1時間店を早く開けようと思いますがどうでしょうか?という相談があります。

おそらく朝1時間早く店を開けたからといって売上が伸びるということはないと思います。しかし、気持ちの問題が大きいと思います。

1時間早く開けると商品が揃わない。
朝礼が出来なくなる。
売価変更がしにくい。
等々、現場の方からは苦情が出て来ると思います。

でも大事なのは、やる気の問題です。売上が良くないからと言って、何もしないでいるともっと悪くなります。

1時間でも早く店を開けてお客様をお出迎えしようという姿勢が大切です。1時間と言わなくても30分でも良いと思います。

ただし、1時間早く開けるだけではお客様にメリットがないです。朝一番の企画を何か組みませんか?

朝一番の開店1時間のみの限定企画です。別に新たに仕入を起こさなくても在庫一掃施セールでも良いと思います。あるいは割引や金券配布など、いろんなアイデアが出て来ると思います。

従業員の方々の意見も取り入れながら、何か一歩前に出ませんでしょうか?

店がピンチの時はお金をかけて販促企画を打つことができません。知恵を絞ってお金のかからない範囲内で何か集客に結び付けるものを考えることが大切です。

世の中が低迷している時ほど、動きの早い店ほど回復が早いです。危機感でいっぱいの店はもう動き出しています。

朝1時間早く店を開けようと誰かが声を出して言い始めることが大事です。その気持ちを持っている店が業績を回復させる可能性があるように思います。

Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

ラベル:店舗活性化
posted by ノムリエ at 11:48| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする