経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2011年08月04日

【マーケティング戦略の変化】安全が商品選択基準に加わった

このまま行くとお米や食品がちょっと心配です。特にお米に影響が出ればたいへんです。日本人の主食が脅かされたことは、過去に大不作の時しかありません。

ところが今回は、市場において大きな変化が起きそうな予感がします。例えばお米が価格や銘柄・味よりも安全を基準に購入されるようになるかもしれません。

賞味期限や消費期限だけでなく安全基準を満たしているかどうか、それを見て判断される時代。企業や店においても対応策に追われると思います。

安全表示についても今後検討が必要だと思います。国の規定づくりを待っていると遅いかも。自社・自店である程度の安全基準や表示が必要かもしれません。

マスコミなどで取り上げられると消費者はますます神経質になります。ちょっとしたことでも気になり出します。商品を購入する際は必ずパッケージに表示されている賞味期限や消費期限を確認するのと同じように、安全かどうかを判断しようとします。

安全については、おそらく国や店の基準よりも自分なりの判断基準を持って行動するような気もします。だから人それぞれによって判断基準が異なって来るかもしれません。

しかし、店側が無策で今までどおりとは行かないでしょう。何らかの対策を講じる必要があると思います。無理をせず、わかっている範囲でお客様に情報を伝えることが大切ではと思います。

消費者同様、企業や店においても扱い商品の基準が今後大事になってくるような気がします。商品基準を設けたり、公開するということは消費者に対する小さな思いやりにつながって行きます。

食品を安全を基準に購入する時代が本当にやって来たのかも・・・・

お客様から不信感を持たれるようになれば、売上に影響が出てきます。疑問に思われない店づくりが必要です。

安全に対する姿勢と取り組みが今後の経営を左右しそうな気がします。

Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

posted by ノムリエ at 05:44| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする