経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2011年07月24日

【業績アップのきっかけづくり】指導力をアップさせる方法

よく社長に何が足りないと思われますかとお聞きすると、「うちは指導力が足りない」とおっしゃいます。ところが指導力とは何を指しているのか、何が具体的に足りないのかまでは答えが返ってきません。おそらくすべての面において指導するという力が一般的な会社に比べて足りないとお感じになっておられるのだと思います。

でも指導力は凄く大事です。会社の業績をアップさせるにはこの指導力をアップさせることが必要になってきます。しかし、どうやって目に見えない指導力というものをアップさせれば良いのでしょうか?

部下を指導するとか社員を指導するという言い方をよく使います。その時の指導とはどのようなものをイメージされますか?

規則やルールを遵守することを管理・監督する。間違いのない仕事をするように教育する。次のレベルにレベルアップできるようにアドバイスする。お客様やクライアントのことを考えた仕事の仕方を教える。
等々色々考えた方や捉え方はあると思います。

一つは、間違っていることを的確に指摘し、普通のあるべき姿に修正できる力だと思います。厳しく指導するとは、間違っていること、良くないと判断したこと、迷っていることなどを会社の考え方・目線で正すことができることを意味するのではないでしょうか?

それと社長に言わせないこと。指導させないことです。いつまで俺にこのようなことをさせるんだ!誰か代わりになる人が早く出て来て欲しいと思っておられます。小言を言い続けると社員に嫌われるかもしれません。また、お説教が始まったと思われ、注意する方が嫌になりますが、会社を守り発展させるためには大切なことです。

社員に指導力が付いているかどうかは、社長自らが教育指導を行っているかどうかでわかります。教育指導を管理職がしっかりと行えている状態になると社長は社長業に専念できます。そのような職場環境を作って行くことが指導力アップにつながって行くと思います。

もう一つは、何を目的・目標として指導するかです。会社の業績を上げるためにはどうすれば良いのか、そのために指導力アップが必要であることを認識することです。

一般的に指導力がある会社は、予算に厳しく、予算を達成させるために助言・アドバイスを行っておられます。予算や数字に対する意識が物凄く高いです。それはすべて日々の指導力から来ています。

結局、指導力アップとは管理職の方の意識を変えることのように思います。

Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

ラベル:指導力アップ
posted by ノムリエ at 14:22| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする