経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2011年07月22日

【ちょっと気になるマーケティング戦略】販促企画は全従業員で盛り上げて売ることが大切!

食品スーパーがなぜ苦戦しているのかを見たような気がしました。

昨日は土用の丑。鰻を買って帰ることにしました。
食品スーパーに立ち寄ってみると、男性の店員さんが、「仕入先に買って欲しいと言われて仕入れ過ぎたので100円引きしますのでいかがですか?」と接客しています。ついつい購入しました。100円引きのシールも貼っていただきました。

仕入過ぎたという話は本当かどうかわかりませんが、積極的にお客様と接して売ろうとしている姿勢は良いと思います。ところがどのスーパーでもこの域を脱していません。

でももったいない。鰻に合うお酒を同時に売られたら良いのに・・・山椒などの調味料なども・・・
鰻は鮮魚部門の担当。お酒は酒類部門の担当。山椒はグロッサリー部門。店全体で売上を取るという発想がまだまだないのかも。

いつも言われていることなのですが、関連商品を必ず売ること。そこに知恵とアイデアが生まれてきます。正直なところ、おそらく山椒やお酒を関連付けて売ってもそんなに売れないと思います。しかし、売れないからと言って最初から鰻をショーケースに並べるだけでは、売上アップは見込めません。人を付けても限界があります。

最近気になるのが、このような販促企画のあり方です。折角、消費者から認知されている「○○の日」というのがあっても商品を並べているだけ、コーナーを作っているだけのような気がするからです。

これでは企画が徐々に廃れて行きます。イベントを組んでもお客様は振り向かなくなります。

従業員全員で考えてイベント盛り上げる、成功させようという姿勢がないと売上は徐々に取れなくなって行くと思います。

うな丼用の器や鰻に関する手づくりレシピがあっても良いのでは・・・
あるいは思い切って土用の丑の次の日は、鰻の半額セールなども面白いと思います。おそらく主婦目線で素晴らしいアイデアを持っているのは従業員の方々です。

誰もやったことがないようなこと、やって欲しいと思うようなこと、それを実現化して行かないと催事売上がどんどん減って行く傾向にあります。

何となくいつも通りに仕入れて、陳列して販売するということが一番怖いことのように思います。

Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン
posted by ノムリエ at 12:48| 小売業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする