経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2011年07月20日

【マーケティング戦略の変化の予感】便利性と消費者心理の変化

衝動買いしてもらうことで客単価を上げる戦略が徐々に通じなくなっています。
便利になればなるほど、情報が入りやすくなり、ピンポイントで商品を購入するようになります。

売れ筋商品の横に、店側が売りたい商品を置いて売ろうとする戦略も効果が薄れてきています。

ネット上においてもネットサーフィンをしながら商品探しというのも無限大に広がって行く訳ではないです。ネット上での最安値の店を調べて、欲しい商品のみを購入する。あるいは送料が無料になる購入金額の範囲内で購入するなど、より賢い買い方をするようになります。

便利になればなるほど、商品の動きが良くなり、店側としては売上や利益につながるのではという思いがあるかもしれませんが、希望通りには行かないかもしれません。

便利になると無駄なものは買わない、衝動買いが少なくなる?

便利性というのは、消費者や利用者が便利になることです。より便利に商品を購入したりサービスを受けることができるということです。便利ということは、つまり無駄なものは購入しない、無駄なものは見ないと
いうことにつながります。

怖い現象です。まさか便利になると、店側にとって逆効果になるとは誰も思ってみなかったと思います。しかし現実的には、価格が一番安い店や最も繁盛している店に集中しています。

売れ筋商品の横にそっと売りたい商品を置いても売れないのであれば、個々の商品の特徴をしっかりと書いたPOPなどが大切になってきます。セルフで買ってくれるとか、一度試してくれるのではという甘い考えは捨てた方が良さそうです。

そうすると、個々の商品・サービスが輝くように一つ一つ丁寧に説明されたものが必要となってきます。手を抜けば売れない。何もしなければもっと売れません。

便利になっているからこそ、商品選択、店舗選択の基準が高く、厳しくなっていると考えた方が良さそうです。

Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

posted by ノムリエ at 12:13| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする