経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2011年06月17日

【マーケティング戦略の時代変化】寿司店の競合は寿司店や他の飲食店だけではなかった!

最近、我が家の近くに寿司店がオープンしました。寿司店のオープンというのは久しぶりです。他の飲食店にどのような影響があるのか、仕事柄楽しみに見ていました。

ところがオープン前から変わった現象が見られました。食品スーパーの総菜コーナーがお寿司を強化し出したのです。新規オープンされた寿司店近くの店舗だけでなく、周りの食品スーパーが同じような対策を打ってこられました。中には、10貫598円で特売されているところもあります。

おそらく食品スーパー各社にとって、同じ食べ物を扱う店舗が自店の周りに出来るとそれだけ売上が落ちると予測されているからでしょう。

例えば、ドーナツ専門店やたこ焼き専門店などができると食品スーパー内の菓子類などのおやつ関係の売上が落ちるからです。

もう自社と同じ業種・業態の店が競合ということはないです。お客様のお腹に入るものを扱っている店はすべて競合と考えないといけない時代です。ますます競合関係は複雑化しています。

逆に寿司店の方もビックリされていると思います。同業の寿司店の動向に目を光らせているだけではダメで他の業種の動向までチェックしておく必要があります。

店内の飲食だけでは希望する売上が達成できないため、持ち帰り寿司も強化されたようですが、意外なところに競合が待っていたようです。

今後このような現象があちこちで見られると思います。業種・業界の壁を越えてすべてが競合関係になります。飲食・食品の場合は、お客様のお腹に入るものを扱っている店はすべて競合関係にあると考えて良いでしょう。

マーケットを予測する際には今までと違い、もっと広い視野で調査・分析する必要がありそうです。

寿司店の出店でマーケットが変化しました。思わぬところに火が付いたようで、各社必死になっておられます。そのため私たち消費者はありがたい恩恵を受けています。

異業種間競合という発想を持つことが大切なような気がします。どの業種業界においても同様のことが今後起こって来るのではないでしょうか?


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

posted by ノムリエ at 12:46| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする