経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2011年06月15日

【企業戦略と中間管理職の時代変化】節電に協力できるなら経費削減・原価低減もできるはず

どうも節電がクローズアップされているようですが、実際企業の中では経費削減・原価低減の方が大事なはずです。ところがなかなか上手く行きません。一応目標は掲げますが、効果を測定すると目標未達が多いのが現状のようです。

理由はやはり、営業担当の方や会社全体の雰囲気が売上中心になっているからです。会社の指標は売上がすべてであり、売上を減らしてでも取り組まなければならないという意識が薄いからです。

売上を上げるようにと教えられてきた世代にとっては、売上は命です。それが減るということは会社や自分の成長が止まったかのような錯覚を起こします。

売上以外の指標を掲げても力が入らず、いつしか売上を上げるのに懸命になっているようです。

しかし、もう右肩上がりで企業が安定成長するということはないと思った方が良いと思います。売上以外の指標がどんどん大事になって行く時代です。売上よりも利益、企業規模よりも内容の時代です。

中間管理職以上の方が売上だけを追いかけていたのでは、会社は良くならないでしょう。評価の指標も売上以外に経費削減・原価低減なども入れられてはと思います。

それと経費削減はだれかがやるだろう。総務部でやってくれるだろうと営業の方々が人任せになっていると達成はできません。全社協力体制が大切です。

原価低減も資材の高騰などがあり、自分たちの力では何ともできないからと言って対策を練っていないとますます原価高になって行きます。

営業が仕事だけを取ってくれば良いという発想を変えないといけません。すべての経営指標に対して、みんなが協力し合うことです。会議などでも売上の結果・進捗状況報告をされると思いますが、経費削減・原価低減の結果・進捗状況報告をされていますでしょうか?

もう売上だけしか管理できない管理職はいらないと言われます。会社が掲げた経営目標に協力できる人でないと難しいのもかもしれません。

企業の舵取りも考え直す時期に来ているようです。節電が15%カット達成出来るなら、是非、経費削減・原価低減も15%以上カットするくらいの気持ちが欲しいです。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

posted by ノムリエ at 05:59| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする