経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2011年06月03日

【切実な経営課題】今のやり方でいつまで大丈夫か?

今はOK!でも3年後は?5年後は?
そのようなことを考えたことはありますでしょうか?

今のままだと大丈夫だという保証はどこにもないです。どこかでビジネスモデルを変えないといけない場合もあります。特に古くから専門業種の場合、マーケットは縮小しています。現業で生き残って行くのか、何か新しい事業を始めるのか悩むところです。

経営計画書の作成においても昔とは様相が違ってきています。昔はある程度、成長拡大していくような数字で組み立てていました。作成時には、今後10年間は微増で伸びて行くだろうというような計画です。途中で市場が縮小したり、外部環境の大きな変化があるということは考えていません。これが普通の計画書の作り方だと思います。見栄えも良く、自分自身でも納得できると思います。

ところが今では、3年後・5年後が見えません。どうなっているかわかりません。それに1年後も予測することは難しいです。経営計画書を作ったとしても計画通り行くかどうかわからない状況です。実際には、毎年修正し作成するということを行っています。

その中でもやはり大事なのは、次の事業の芽を見つけることです。どんな小さなことでも良いので、新しいものを生み出して行かないと事業が縮小して行きます。

今は何と行けているので大丈夫だと安心していても今後どうなるかはわかりません。今の状態を続けることができれば切り抜けて行けるのではという思いがあるかもしれませんが、それが一番危険かも・・・

見えておられる方は危機感でいっぱいです。今のままではいつか壁が来る。その前に手を打ちたいと思っておられます。

昔のように安定して10年・20年・30年と経営できるような時代ではなくなったような気がします。早め早めに手を打って、新しい事業を興して行かないと企業が存続できないのではと思うくらいです。

だからこそ3年後・5年後のための経営会議を行い、生き残って行くための新たなビジネスモデルを探すことが大切だと思います。

目先の会議以上に3年後・5年後のための幹部会議の開催、非常に大事になってきているような気がします。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

ラベル:経営課題
posted by ノムリエ at 06:12| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする