経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2011年05月27日

【未来予測からの対処法】予測できるもの難しいもの

これから出てきそうなもの伸びそうなものよりも業界で縮小しそうなものを予測することはできると思います。新しいものを探すこと以上に今後縮小すると予測される市場に対して、どのような戦略を打つかが大事です。

新しいものを見つければ何とかなる、未来が見えて来るのではと必死になって探される方もおられます。それはそれで良いことだと思いますが、縮小すると予測される市場がどうなって行くのかを予測されることがまず先ではと思います。

縮小する市場に対する戦略の立案や対応策を決めておかないと、新しいものが見つかったとしても穴埋めできるくらいのものであるかどうかはわかりません。それに新しいものが軌道に乗るには時間がかかると思います。

皆さんプロですので、業界動向については詳しいはずです。どれくらい今後市場が縮小して行くのかある程度予測が付くと思います。その予測の精度を上げ、具体的な数値に置き換え、さらには自社の経営数値の修正を行うことが大切だと思います。

ところが、新しいものを見つけることには興味はあっても縮小する市場の予測と対応にはあまり興味を示されません。攻めることは楽しいが、守ることは楽しいことではないと思っていると経営は難しくなると言われます。

マイナス的な要素のものについてはあまり考えたくない。その時が来れば対応するというのでは手遅れになってしまいます。ある程度見通しを付けて、いち早い対応が必要です。

市場が飽和状態で今後伸びる可能性はなく、徐々に縮小すると予測されるなら、その中でどのように対応して行くのかも考えなくてはなりません。右肩上がりで永遠に成長し続けるということはないです。必ずどの業界でも曲がり角がきます。

拡大と縮小を繰り返しながら企業は強くなって行きます。拡大だけを志向すると効率化を図ることはできず、無駄が多くなり利益が出なくなります。それを防ぐためにも一旦縮小するということも検討・実施する必要があると思います。

上手に縮小することが出来た方が次のチャンスをつかまれるようにも思います。贅肉体質になっている状態で新しいものが見つかっても贅肉が増えるだけかもしれません。

未来予測は、どこまで市場が縮小するのかを見極めることが大切なような気がします。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

ラベル:未来予測
posted by ノムリエ at 06:24| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする