経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2011年05月13日

【オンリーワンビジネスの魅力とリスク】オンリーワンづくりに必要なものは何ですか?

上手く行けば競合他社と大きな差別化が可能になります。ところが、オンリーワンビジネスは、他社の成功事例を学ぶ訳ではないですので、常に自社で創造して行かなくてはなりません。いろんな方からのアドバイスもヒントにはなるかもしれませんが、根本的なビジネスモデルについては自分で作らないといけません。

当たれば大きいですが、リスクが大きいのも事実です。リスクを最小限に抑えて開発しようと思うと良いものが出来ない可能性があります。リスクを気にしているとオンリーワンビジネスの完成度が低くなります。

最初からリスクを考えていると難しいのかもしれません。リスクを考えるのではなく、キャンバスに自由な絵を描くからこそ出来が良くなるようです。

細部の手法については修正は可能ですが、ビジネスモデルの方向性と思想は開発者の手に委ねられます。特に思想が大切なような気がします。

なぜこのビジネスが必要なのか?
このビジネスは過去のものとどう違うのか?
このビジネスを推進することによって誰にどんなメリットがあるのか?
回りが支援・応援したくなるようなビジネスなのか?
どんな思いでこのビジネスを立ち上げようと思ったのか?

今の時代、儲かりそうだからという理由では厳しいです。企業や店側が儲かるかどうかよりも社会的な使命や存在価値がないと評価されません。その辺りの
ことがしっかりとしていないとビジネスがズレて来る場合があります。

儲かる儲からないではなく、こんなビジネスがあれば必ずもっと便利になるのではというところから出発するのが良いのかもしれません。

しかし一方で、気が付けばオンリーワンになっていたということもあります。日々精進し、商品やサービスに磨きをかけ続けた結果、誰も真似できないようなものになっていることもあります。現実的には、こちらの場合の方が多いと思います。

オンリーワンを今からすぐに作ろうとしても無理があるのかもしれません。一定の目標期間を設けるのが良いのではないでしょうか?

5年後、10年後オンリーワンになれるように計画を組んで行くことが大事だと思います。

オンリーワンには大きな魅力がありますが、リスクを除去することはできません。常にリスクを抱えながら磨き込みをかけて行くことがオンリーワンに近づいて行くような気がします。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン


posted by ノムリエ at 06:26| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする