経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2011年04月24日

【今年1年の対応策で会社の未来が決まる】原価高騰にどこまで耐えれるか?

もうシュミレーションはお済みでしょうか?
半年後、今までとは全く違った世界になっているかもしれません。一時的に少々原価が上がることはあっても恒常的に上がって行くということはあまりなかったと思います。ところが、景気はどうもインフレにシフトして行きそうです。

原価高騰をどこで吸収して行きますか?何で補って行かれますでしょうか?

昨年と売上が同じでもおそらく利益は出ないと思います。売っても売っても利益が出ないとなると経営を圧迫します。売上アップだけでは限界がきます。

諸経費の見直しから仕入れルートの見直し、在庫の調整など売上アップ以外の部分を強化して行かない厳しくなるでしょう。

売るというマーケティング戦略以上に、利益を出すというマネジメント戦略が大事になってきます。

特に今の在庫はいくらで仕入れたものなかを把握することが大切です。標準原価計算ではなく、個別原価計算で把握しておかないと在庫の状況を正確に把握できません。

それと原価高騰で厳しくなったからと言って、守りにばかり入ると余計に経営は厳しくなって行きます。それを防ぐには、新しい商品・サービスを創出することです。

時代が大きく変わる時には、新しいビジネスが生まれると言われます。すぐにビジネスにならなくても可能性を探ることが大事です。

月次の会議においても売上や粗利の進捗状況のチェック・確認だけでなく、原価が高騰し粗利が下がった場合のシュミレーション数値を出し、検討することが大事です。

勝負はこの半年から1年の間です。この間に施策を打っておかないと、状況がさらに悪化し対応が難しくなるかもしれません。

大事な1年になりそうです。今期の対応策で、今後の経営が決まるかもしれないくらいです。

是非、早急にあらゆる面での見直しを図られて下さい。津波以上のスピードで原価高騰がやってきそうな気がします。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン


ラベル:原価高騰
posted by ノムリエ at 06:22| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする