経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2011年03月13日

【経営においても大事なこと】予測よりも対応が大事

予測はあくまでも予測。予測通りには行かないと思います。どんなに精緻に予測を行ってもズレが生じます。

予測が外れるとさらに精度を上げて予測にズレがないように賢明になります。しかし、これでは解決策になっていないのではと思います。

予測は、未来や将来に対する予測であって、そこから何か生まれるものではないです。不測の事態が起こったとしても即対応できることの方が大切です。予測に過度の期待をかけていては、生の経営では難しいように思います。

予測は、概ねこのようになるだろうというアウトラインを示すものであって、常に修正・補正が必要です。

予測通りに行かないからと言って、また予測を初めていては出口が見えなくなります。それよりも今起こった結果から、何をどうするのかを見極め実行に移すことが大事です。

時流予測や景気予測、業界動向予測に過度に頼り過ぎると、それが外れた場合、対処が遅くなる可能性があります。

予測をする上で大事なのは、予測通りに行かなかった場合、どのように行動するかのように思います。

ありとあらゆることを想定して動くこと。生の情報を自分で探したり、見つけてくること。自分の目で確かめていない情報を鵜呑みにして信じていると、たいへんなことになる可能性もあります。

予測が可能な時代になってきたからこそ、余計に予測に頼る傾向が強くなっているような気もします。

逆に予測という言葉には注意を払った方が良いと思います。自分の会社の営業利益ですら、期初に予測した数値がいくらになるか当てるは難しいです。

外部環境が激しく変動する時代だからこそ、予測以上にいち早い対応が必要ではと思います。

予測力を付ける以上に、変化への対応力が大事なような気がします。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

ラベル:予測 経営
posted by ノムリエ at 15:03| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする