経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2011年02月01日

【広告宣伝費の削減と違うやり方を検討する】営業お断りから広告お断りへ

私のところへ一番多い電話は、単なる営業目的だけでなく、広告を出しませんかという営業電話です。それもネットだけでなく、新聞・雑誌などの紙媒体の広告も結構多いです。

どの企業様へ訪問させていただきましても、○○会社から広告の依頼が来ているのですがどうすれば良いですか?とか今まで続けてきた業界誌に継続して載せるべきかどうかの判断を仰がれます。

まず、広告を出されて成果の上がったことはあったでしょうか?
なければ即、止められることをおすすめします。

また同様にネット広告の案内も同じです。周りで大成功された方がおられるなら別ですが、そう上手くは行かないと思います。また料金が安いので、やって
みたいのですがという方もおられますが、料金の問題ではないです。だったらたくさんお金を払えば成果が出るのでしょうか?

広告を出しても期待する成果は上がらないことが多いです。これは事実です。でもいろんなしがらみから止めることができなかったり、1年間だけお付き合いして欲しいと頼まれて契約されている場合が多いみたいです。

広告宣伝費については、過去に成果が上がらなかったものは一切止めること。諸会費についても同じような対応が良いと思います。ただ何となくお付き合いで入っていた会は意味がないです。会社に何かプラスのものをもたらしたでしょうか?

実は、苦戦されている企業ほどこの諸会費が多いのです。びっくりします。いろんな会に入っているとどこからか紹介などがあり、いつか会社にプラスになるかもしれないと勝手に解釈されています。(注:そんなことはほとんどないです。)

広告については、ここ10年くらいで大きな変化が起きているような気がします。広告を外部の第三者の方に委託するのではなく、自社努力で広告を打つことが大事だと言われ出しています。

つまり、自社ホームページとかメルマガ、ブログ、ツイッター、フェイスブックなど新しいものがどんどん出てきています。それを戦略的に活用する時代です。載せて終わり、後は見てくれるのを待っているだけというビジネスはもう通用しません。

こちらから常に情報発信できる武器を使うべきです。

広告はいつまでやられますか?
儲かっていて何とかお金を使って損金処理されたいのなら良いですが、そんなにお金が余っている会社はないと思います。

広告を止めると会社は潰れますでしょうか?
そのような話を聞いたことは一度もないです。逆に止められた方は、その分利益になり喜んでおられます。

我が社も広告お断りで行こうと思っています。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

ラベル:広告宣伝費 営業
posted by ノムリエ at 13:44| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする