経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2010年12月20日

【個人事業と企業の違い】企業とは2店舗目を持った時?

よく、店舗展開の要諦は、2店舗目が成功するかどうかだと言われます。理由は、2店舗目を出すことが一つのハードルになっているからだと思います。2店舗目が上手く行くと、そこから先はかなり楽だと皆さんおっしゃいます。

しかし、2店舗目といっても中身によって少々事情が異なってきます。自分の家族や親族の方で店を展開して行く場合と、全くの他人に任せる場合があります。

正直言って、リスクが少なく経営できるのは、身内の範囲内での事業です。ただし、この場合は、何十、何百と言う店舗展開は難しくなって行きます。おそらく数店舗の範囲内でしょう。

大きな夢を持たれている方は、FC展開まで視野に入れられています。そうなると身内で事業を行うことが難しくなります。血のつながりのない方にも協力を仰ぐことが必要となってきます。

1店舗でも法人化することは可能ですが、経営と言う視点から見ると、血のつながりのない他人様を雇用して初めて法人のような気がします。

親族の方でない人に2店舗目を任せるというのは、勇気のいることです。いろんな問題も発生して来ると思います。

店を展開して苦労され、やっぱり1店舗で堅実に頑張ろうと縮小される方もおられます。お金よりも苦労が多いそうです。いつしか何で店を広げたのかと自問自答するらしいです。

おそらく店を広げるのは、お金ではなく人生勉強のような気もします。それに耐えることができて、そのことを楽しいと思える人でないと、無理に大きくする必要なないのではと思います。

店を展開するためには、夢があるかどうか?
その夢がある限り、いつか成功されるのではと思います。

そのような苦労も含めて、やはり企業というのは、他人を雇用して初めて成立するのかもしれません。企業として、雇用だけでなく社会的責任も果たしてみたい、貢献したいと思った時、個人事業を脱皮しているような気がします。

でも数多くの方が2店舗目にチャレンジして欲しいです。
日本を活性化させるためにも良い店がどんどん出てきて欲しいです。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン


ラベル:個人事業 企業
posted by ノムリエ at 13:24| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする