経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2010年12月11日

【飲食業のマーケティング戦略】大手が来ても売上が変わらない店

大手が来ると、その分売上が落ちる場合もありますが、全く変わらないとか、逆に売上が伸びるという店があります。専門店の場合は、それが理想のあり方のように思います。

逆に言いますと、大手チェーン店が出てきて売上がどうなったかが、自店の力のようです。

大手が進出してきても売上が変わらないか、伸びるくらいが本当に力のある店と言えるのではないでしょうか?

大手が進出して競合状況が激しくなるということは、価格競争に巻き込まれているということだと思います。

大手と同じようなことをしていては、生き残って行けないでしょう。今、周りに大手企業がいなくても何か差別化できるものを常に考えておく必要がありそうです。

大手が来ても売上が変わらなかったということは、今後も安定した経営が予想できます。また、減少した分は大手と競合した部分と言えるのかもしれません。

どうやって専門性を高めるか?
それが大きな鍵です。

席数と価格以外の部分で、勝とうとすると必然的に答えは絞られてきます。商品で差別化できない限り、勝てないでしょう。

商品で勝つということは、本物の追求が必要になってきます。どこまで本物を追いかけることができるか、そこにヒントがありそうです。

また、お客様はそのような姿勢を評価されます。自分で研究しながら、少しでも良いものを提供して行くことが大切です。

商品や素材に対する磨き込みを今以上に研究していかないと、時代に取り残されてしまいます。

大手と真っ向勝負がしたい、出てきたら自店の売上がどうなるのか、その結果を知りたい。その上で、腕を上げて再チャレンジしてみたいという方もおられます。

大手が来ても売上が変わらない店を目指すことが、専門店の生き残り策になるかもしれないと思います。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

ラベル:大手 飲食
posted by ノムリエ at 14:40| 飲食業向け 業績アップのヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする