経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2010年12月06日

【生き残る企業の条件】安定志向の会社を変える

安定志向が成長を止めます。会社も個人も考え方を改めないと、たいへんなことになりそうな予感がします。

給与は減らない。会社は潰れることはないだろう。と思って仕事をしている従業員がいることが一番危険です。

今までは、会社に勤めていると安全で将来も約束されたかのようなイメージがありましたが、それをいち早く取り除くことが大事ではと思います。

安定志向になってしまっている会社の雰囲気をどこかで変えないといけません。

でもこれがなかなか難しいです。何十年も同じやり方でやって来た会社が、いきなり脱安定志向だと言っても伝わらないでしょう。

クライアント先からの依頼内容もこの安定志向からの脱皮させて下さいというのが多いです。

実際には、どこかで方針発表会のようなものを開いて今までとは違った考え方が必要であることを伝えられてはと思います。その上で、具体的に安定志向から脱皮するための施策をいくつか推進するのが良いと思います。

また方針発表会では、自社もいつどうなるかわからない、危険なのはどの会社でも同じであること、考え方や行動が変わらない人や会社は潰れるかもしれないということを正直にトップが伝えられてはと思います。

まずは、従業員の方に危機感を持っていただくことです。それと従業員の方々は、外部環境を理解されていない場合もあります。そのような場合は、外部の講師の方などに話をしていただくことも検討されてはと思います。

安定志向に入ってしまうと、新しいことに着手するのが嫌、今以上に仕事が増えるのも嫌になって行きます。

会社としてアドバルーンを上げて、新しいことに毎年チャレンジすることも大事ではと思います。会社や組織が変わらないと個人にまで波及しません。

危機感を持つだけでは、夢を持てません。だから常に新しいことに着手し、会社が変わろうとしていることを見せないと良くないと思います。

企業にとって安定という言葉はないのかもしれません。常に変化に対応し、変わり続けて行くことこそが、生き残って行くための条件のような気がします。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

posted by ノムリエ at 06:09| 世の中の変化と時流対応のヒント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする