経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2010年11月26日

【企業衰退の法則】3年間新しい商品・サービスを出さないと業績は急速に悪化する

苦戦されている企業を訪問させていただきますと、一つの共通点が見つかります。それは、3年以上新しい商品・サービスを出していないということです。

既存の商品・サービスだけで何とか凌ごうとされています。新商品に対する研究開発も費用や業界動向から手を付けられていない状況です。

そのような会社は、必然的に新商品開発会議のようなものがなくなっています。売上や見込みの確認だけの会議になり、新しい芽の話がないです。会社からの指示がない限り誰もやらないといった感じです。

閉塞感が社内に蔓延しています。新商品を出したからと言って計画通りに売れる訳ではないです。しかし、この新商品を出すと言うことは、売上以上に社内の活性化につながります。

ある部門やある人が新商品を開発していると、周りに刺激を与えます。俺もやってみようとか、やってみたくなります。

業績を維持しされている企業は、新商品に対する意識が高く、稟議もたくさん上がってきます。会社や上司が止めないといけないくらい出してきます。

業績を回復させようと思えば、現状を打破し固定費を削減するだけでは、先細りになります。新しい商品を全社一丸となって出すことが大切です。

アドバルーンを上げる意味でも新しい商品の開発をされてはと思います。あるいは部署ごとや個人で競争するのも良いと思います。

実は業績が悪化している企業ほど、社内に競争意識がないです。指示待ち状態で、誰かを追い越してやろうなんて人はいません。

良い意味で出世欲が必要だと思います。そのことが日本の企業を支えてきています。経費削減競争をやってもモチベーションは上がらないと思います。

だからこそ、新商品開発に力を入れて、モチベーションを上げ、次の芽を模索しないといけません。

新しい商品や新しい企画、自主的にどれだけ上がっていますか?
手帳やノートには、新商品・新企画のネタでいっぱい。今度、上司が出社する日に稟議を書いて、ハンコをもらおう!というくらいになって欲しいです。

新しい商品を出さない限り、本当の意味での業績回復はないのではと思います。



Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

ラベル:新商品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック