経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2010年11月16日

【店に再投資する時期】飲食店7年説って本当?

誰が言い出したのか知りませんが、こんな噂話がよく出てきます。お店をスタートされてから7年前後経つと、マンネリ化し見直しが必要ということかもしれません。

開業して徐々にお客様の数も増えて行き、メニューも充実してくる頃です。ところがこの時、次の戦略をしっかりと立てて進まないといけないという方もおられます。

「店のどこかに手を入れないと、これからが心配です。」とおっしゃいます。だらだらと同じことをしているのでは良くないと危機感を抱いておられるのだと思います。

お客様が飽きるのも早くなっています。新しいお店に一度は行ってみたくなるものです。古いと感じられたら、お客様を逃がしてしまいます。その区切りがちょうど7年目くらいに来るのかもしれません。

この話、飲食業を開業された方が同じようにおっしゃいます。逆に、この話を最初からご存知で、7年経ったらリニューアルするか、移転を考えているという方もおられます。

オープン当初の状態をそのまま維持する方が難しいです。いろんな面で課題や問題が出てきているはずです。また外部環境も大きく変化している場合もあります。あらゆる角度から見直し、精査する必要があるのかもしれません。

7年一区切りで次のことを考える。

どこかで区切りを付けないと、本当にだらだらと営業するだけになります。オープン時だけに投資するというのでは先細りになります。いつか再投資を行い、店をブラッシュアップさせることが必要です。

その時期がいつなのか教科書には書いていませんが、先輩方の経験則では7年くらいが一つの目安ということなのかもしれません。

店を維持するためには、タイミング良く再投資を繰り返すことです。
投資をしたら、すぐに次の投資計画が組まれているくらいが理想です。利益が出たら投資をしようではなく、利益が出ていなくても目標として次の投資時期を決められてはと思います。

やっぱり飲食店7年説は生きているような気がします。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

ラベル:再投資 飲食店
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック