経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2010年11月15日

【ベテラン社員の注意点】低迷をテクニックでカバーしようとする

仕事に慣れてきたり、仕事ができるようになればなるほど、テクニックで乗り切ろうとします。しばらくはそれが通用するかもしれませんが、いつか壁が来ます。

会社も同じで、業績低迷を過去の経験でカバーしようすると成長が止まります。

どこかで大きく変化することが必要だと思います。技術を磨くのは良いですが、常に何か新しいものにチャレンジすることがないと成長はないように思います。

ベテランになればなるほど、テクニックに頼りがちになります。常に変化しないといけないということを考えて業務に当たることが必要だと言われます。

毎日同じ業務内容だとどうしてもルーティンワークになります。中身の濃いものが仕上がる前に、早くでき上がっています。一見良いようにも見えますが、これが危険な兆候です。

過去の財産だけで仕事をしていると大きなツケが回ってきます。定年までとか、最低60歳くらいまでは良い仕事をしようと思えば、いつも何か新しいものを見つけ実践して行くことが大切です。

仕事上、毎年1つくらいは必ず新しいことをやろうと心得ておくことです。実は、私たち経営コンサルタントも同じです。実績を積めば積むほど、過去の財産で仕事ができるようになります。しかし、これを繰り返しているといつか成長が止まり、依頼が来なくなります。

だから、新しいテーマや新しい切り口を探すように心掛けています。

年を取ると保守的になり、自分の守備範囲を自分で決めてしまいます。外から見ると、その方はもっといろんな仕事ができるのではと思われているのに、自分で枠を決めていることがあります。

今自分がやっている仕事は若手に譲り、自分にしかできない仕事を見つけることが良い仕事のあり方だとも言われます。

仕事に流されないように、強い意識を持って業務に当たることが大事ではと思います。

今年は何か新しいものが見つかりましたでしょうか?
テクニックに頼り過ぎないように、注意したいと思います。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック