経営相談・現場実行支援・各種研修など
株式会社武内コンサルティングの
「コンサルティングメニュー」一覧

【新コンサルティングメニュー】小さなお店・小規模店のサポート支援 ★初回1回のみ1万円+交通費別途(店でなく、会社経営の方でもOKです)
【経営計画書作成コンサルティング支援について】経営計画書作成支援のコンサルティング費用はいくらかかりますか?経営計画書の作成をお願いすると何がどう変わりますか? 〜期間:3ヶ月(6回訪問想定) 費用:50万円(税別)+別途交通費 〜

2010年11月14日

【飲食業界の時流変化】忘年会頼りから脱却して、新しいマーケットを創ること

忘年会で一発逆転は可能でしょうか?とよく質問・相談があります。

今年1年間、あまり良い数字ではなかったので、忘年会だけは気合を入れて頑張ろうとされます。それも今までのマイナス分もできれば補いたいというのが心情だと思います。

しかし、現実的には、宴会マーケットは縮小しています。接待関係もかなり少なくなっています。また1組当たりの人数や単価も下がっています。今までと同じ予算を立てることに無理があるかもしれません。

世の中の流れに合わせた年間予算計画が必要な気がします。もう昔には戻りません。今の現実を受け入れることも大事ではと思います。

逆に新たなマーケットを店が創造して行かないと、数字を維持できなくなります。忘年会頼りの数値計画というのは、危険です。通常月の3倍以上も12月で稼いでいた店が、今は大苦戦中です。

いつまでも良い時をイメージして商売をしていると、危機的状況から脱却できません。

忘年会も景気が良くなり、以前のような賑わいに戻るかもしれませんが、それでは景気に頼り過ぎです。自らが動かないと、数字を作ることはできないと思います。

忘年会以外に宴会で使ってくれる企画。町のお祭りに合わせた企画。身近な友人・知人の集まり。同業者の勉強会兼食事会などなど。

何でも良いので切り口を変えて、新しい取り組みをそろそろ具現化する時ではと思います。

待っていると、その季節になれば予約が入るというような甘い環境ではないです。何か企画し、仕掛けて行くことが大切です。

急には無理かもしれませんが、徐々に忘年会に頼らなくても良い経営にすることが理想です。

これからは忘年会の数字が高かったところが苦戦するかもしれません。
早めに、次の展開や理想的な形に移行されてはと思います。


Takeuchi語録はこちらからどうぞ

  ↓↓↓↓↓↓↓↓

株式会社武内コンサルティングのツイッター




そのまま使えるビジネス文書・書式が無料ダウンロード


【経営コンビニ ビジネス文書】




経営者向け情報サイト【経営コンビニ】



役立つシート集


飲食店マニュアル集は

こちら
からどうぞ。


いつも『経営コンサルタント武内コンサルティング』を
読んでいただき、ありがとうございます。
応援クリックお願い致します。
  ↓↓↓↓↓
CoRichブログランキング

FC2 Blog Ranking

人気ブログランキングへ



blogram投票ボタン

ラベル:忘年会
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック